...            ...   

【グラブル】おすすめの恒常光属性キャラ【サプチケ】

グラブル

今回は古戦場に向けて、おすすめの恒常キャラを紹介していきたいと思います。自分で所持しているキャラは使用感なども簡単に書いていきますので、初心者や中級者くらいの方のサプチケ取得参考にもどうぞ。

※アビリティや奥義などの効果解説は全てレベルマックスの状態

スポンサーリンク

光ジャンヌダルク(恒常)

全体属性攻撃アップに全体カット、攻防デバフや全体奥義ゲージアップに、立っているだけでパーティーに別枠渾身の恩恵を与えられるサポートの鬼。自己バフも完備しているオールラウンダー聖乙女。

・1アビ 貴重な片面枠の攻防25%ダウンデバフ。ミゼラブルミストと合わせてお手軽に攻防共に下限まで持っていける利便性は何物にも代えがたい。主人公のEX選択の幅やキャラ編成の自由度も増す、シンプルに強いアビリティ。

・2アビ 味方全体の奥義ゲージ30%アップ。こちらもシンプルに強い。特に光マグナは火力を最終ソーンの奥義バフに頼るケースが多いので、ネックになる初速をカバーできる点は魅力。

・3アビ 2ターンの間確定TA+ストレングス(自分のHPが多いほど攻撃力アップ)ジャンヌ自身の奥義効果が強いので、回転率を上げられる確定TAはありがたいところ。さらにストレングスによる自己バフで、優秀なサポートのみならず自身の火力も上げられる隙のなさ。

・奥義 3ターンの間全体に光属性攻撃20%アップ+闇属性ダメージも20%カットできるめちゃつよ奥義。奥義で属性攻撃アップできるだけで強いのに、さらにカットまでついてくる豪華っぷり。

・サポアビ1 ラ・ピュセル 自身のクリティカル率アップ。あるだけで嬉しいタイプのサポアビではありますが、発動自体がおそらく10%ほどなのであまり期待できるものではないです。ジャンヌ唯一の地味目な効果。

・サポアビ2 不退転の戦旗 ジャンヌ自身のHPが多いほど味方全体の攻撃力がアップ。別枠乗算の特別な渾身なので効果は大きいですが、4凸コロゥ剣のメイン装備時の効果と同じ枠なので、両方の効果を合わせることはできません。両方入れている場合は主人公とジャンヌのHP割合を参照して、高いほうのみが反映されます。

初心者、中級者くらいのランク帯なら必ず持っておきたい万能すぎるキャラですね。得意武器が剣ということもあり、光マグナに多い無垢剣やオメガ剣を入れた剣パでも必須クラスの性能。サプチケ取得の筆頭候補です。

セルエル

マウント王子。マウント持ちというだけでも価値がありますが、全体クリティカルアップや全体奥義ゲージアップでサポートとしても優秀です。得意武器が剣というのも使いやすいポイント。

・1アビ 上限50万ほどのダメージアビリティ。地味ではありますが、使うたびに10%ずつ自身のアビダメ上限が上がっていきます(上限40%)使用間隔も3ターンと短く、ポチポチするのは手間ですが、そこそこのダメージを稼げます。

・2アビ 1度だけ味方全体の弱体効果を無効にしてくれる所謂マウントと呼ばれる素敵アビリティ。3ターンの間DAが100%アップもついているのも嬉しい。古戦場でもやっかいな弱体効果をかけてくる敵相手でも、どんな相手でも腐りにくい。光属性で他にマウントを持つのは配布キャラのラブライブ2年生チームとコナン君のみで、マウントも含めた総合的な性能を考えると、セルエルに軍配が上がる。使用間隔もこの2人と比べて一番短い。

・3アビ 光属性ダメージ+全体奥義ゲージ20%アップジャンヌより効果量は劣るものの20%は十分嬉しい効果量。

・奥義 3ターン光属性キャラにクリティカル確率アップ(発動率70%ほど、倍率20%)自身の3アビによって回転率も上げやすく、マウント役としてだけでなく火力サポートとしての役割も担える、マウントと並ぶセルエルの強み。

・サポアビ アイルスト王国第一王子 稀に敵の通常攻撃を回避して反撃するらしい。うん。

自分もマグナ時代は剣パを使っていて、長い間重宝しました。マウントキャラは持っていて損はないので、サプチケで取るのも十分ありな選択肢。配布キャラで代用する手もありますが、剣パのマウント役として考えると欲しいところ。

光シャルロッテ

恒常光属性キャラトップクラスの火力を誇る小さな聖騎士。特に自身がダメージを受けにくい状況下では屈指の火力を出すことが可能。麻痺殴りにも大活躍なアタッカー枠のエース候補。得意武器が剣なのもグッド。

・1アビ 敵に上限50万ほどのダメージ+闇属性攻撃力20%ダウン+2ターンの間命中率ダウン。火力面の性能が目立ちますが、ちょっとしたデバッファーとしても。命中率ダウンは自身の被弾を減らせる可能性が上がるので、キャラのコンセプトと噛み合った良いアビリティ。命中率ダウンは基本成功率100%ですが、属攻ダウンは90%なので注意。

・2アビ 自身に5ターン高揚+被ダメ無効2回(2回攻撃を受けるまで永続)後述の奥義で自身に回避カウンターを付与できるので、高揚によって奥義を打つのが速くなり、被弾をしにくい状態を作る間接的なフォローに。被ダメ無効も相まってこのアビリティだけで被弾確率をぐっと下げることができます。こちらもキャラコンセプトに合った優秀なアビリティ。

・3アビ ターゲットに関わらず10回光属性ダメージ(上限一回5万、合計50万ほど)聖騎士Lvが2上昇。サポアビで詳しく説明しますが、この聖騎士Lvが火力の源。Lv5が最大で被弾すると2下がるので、最大まで上がっている状態なら被弾時のフォローに残しておきましょう。

・奥義 2ターンの間自身に回避カウンター2回。聖騎士Lvが5の場合自身に3ターンの間光属性追撃30%付与。全体攻撃や特殊攻撃には無力ですが、通常の単体攻撃を回避できるのは大きなポイント。30%追撃は自身の高い火力をさらに活かせる重要なバフ。なるべくLv5の状態で奥義を打ちたいところ。

・サポアビ1 高潔なる舞闘 ターン終了時に聖騎士Lvが1上がり、被弾で2減少。聖騎士Lv1ごとに別枠乗算攻撃アップ20%。最大Lv5(100%アップ)ダメージ上限がLv1ごとに3%アップ。連撃率は最大時でDA100%TA20%ほど上昇。シャルが異常な火力を出せる要因。ターン終了時にLvが1上昇するので、1ターン目を除けば永続的に最低でもLv1分の恩恵は受けることができる。

・サポアビ2 グレイスオーダー 被ダメージ無効が付与されている光属性キャラの弱体耐性アップ(100%)2アビの被ダメ無効時の効果中はおまけで自身に実質的なマウントを付与できる便利なサポアビ。被ダメ無効を付与できるキャラや手段があれば他キャラも恩恵が受けられる。

高い聖騎士Lv、特にLv5を維持できる状況なら圧倒的な火力があります。ただ、敵や自分の編成によっては強みが存分に発揮できないので、通常攻撃が全体攻撃だったり、多段特殊などが多い敵相手なら他キャラを入れたほうがいい場面も。自身の2アビや奥義の回避カウンターで回避行動が十分間に合う相手なら、圧倒的な火力を出してくれるでしょう。特にダメージ上限を出しにくいマグナ編成や、ハイランダーゼウスなどにもおすすめ。サプチケでアタッカーを取ろうと考えているならまずこのキャラ。アタッカー枠での取得筆頭候補。

レヴィオン姉妹

リンクアビリティという使用間隔を共有する特殊な形式のアビリティを駆使して戦う三姉妹。素の攻撃力は低いものの、それを補えるアビリティやサポアビ、リミアビがあるのでそこまで気になりません。1~3アビのどれかを使うと4アビを除く他のアビリティも3ターン使えなくなってしまいますが、3ターンという短い使用間隔によって状況に応じた選択を柔軟に取れる強みがあります。

・1アビ リンクアビリティ。敵全体に光属性ダメージ(上限60万ほど)累積防御ダウン10%(最大40%)3ターンの間自身の光属性攻撃力60%アップ。ちょっとしたデバフを付与しながら自身の火力を大幅に上げられるアビリティ。他に打つものがない状況ならまずこれ。1アビだけを使い続けるなら常に属性攻撃アップ60%を維持できます。累積防御ダウンは基本成功率が90%で自身のLBにも弱体成功率アップがないので注意。

・2アビ リンクアビリティ。敵に光属性ダメージ2回(上限40万と60万ほど)1ターンまたは2ターンの間気絶効果。気絶効果は基本成功率が70%なので博打にはなってしまうものの、入れば麻痺と同じく行動を封じることができるので便利。ダメージが地味に大きいのも魅力。

・3アビ リンクアビリティ。味方全体のHPを20%回復(最大1500)弱体効果を一つ回復。短い間隔で打てるクリアというだけでも強いのに、HP回復まで兼ね備えているとても便利なアビリティ。回復アビリティ使用時に累積で光属性攻撃力がアップする黄龍刀と相性が抜群。

・4アビ 3ターン自身が必ずトリプルアタック+味方全体に光属性追撃効果(20%)パーティー全体の火力を底上げ出来て、自身も確定TAにより後述のサポアビ効果を活かせます。シンプルに使っても強いですが、シヴァ召喚と合わせたりすることで効果を最大限に活かせます。

・奥義 次のターン必ずトリプルアタック トリプルアタックが確定で計算できるのは強く、後述のサポアビと相まってさらにおいしい奥義効果。

・サポアビ1 騎士の防陣 味方全体の闇属性ダメージ軽減(10%)地味ながら嬉しい軽減効果。

・サポアビ2 レヴィオン騎士姉妹 必ず連続攻撃+トリプルアタック時に光属性追撃(15%)奥義効果や4アビによってTAが出しやすいので頻繁に恩恵を受けられます。サポアビなので自身の4アビ追撃などとも共存可能。

弱体効果への対策+火力サポート+剣得意(レヴィオン姉妹は拳も得意)と、セルエルと似た立ち位置のキャラではありますが、大きな相違点はマウントとクリア。火力サポートがクリティカルアップと追撃付与と。それぞれ別の強みがあります。複数のデバフを一気にかけてくる敵相手ならセルエルのほうが優れますが、1つの弱体効果を短いスパンでかけてくるような相手には、使用間隔3ターンという取り回しの良さがあるクリアを持ったレヴィオン姉妹のほうが使いやすいです。回復もついているので、メイン装備時のコロゥ剣の効果やゼウス編成のエデンなどの渾身維持にも役立ちます。
セルエルの全体クリティカルアップは火力の底上げとして、上限付近のダメージを出せるなら全体追撃のあるレヴィオン姉妹と。編成や敵によってどちらが良いかは変わってくるでしょう。
初心者の方でもクリア&回復、確定で連撃を出せる面を考えれば十分強いですが、強みを最大限に活かせるのは、素の火力の低さをカバーできるゼウス編成や、最終ソーンなどによりある程度の火力を出せるマグナ編成だったり、中級者以上の方におすすめです。自分もゼウス虚空斧編成で使用していますが、相性が抜群に良く、とても重宝しています。

光クラリス

打たれ弱いものの、自身のサポアビによって火力が高く、2アビの属性防御ダウン+属性攻撃ダウンでデバフ面も優秀。サポアビと1アビの存在によって装備が整っていない初心者でも破格の奥義ダメージが出せるエクスプロージョン系アルケミスト。杖パのアタッカー兼デバッファーとして最適。

・1アビ 存在崩壊を1消費。サポアビで説明しますが、光クラリスは存在崩壊という固有のスタックを所持し、存在崩壊を消費してアビリティを使用、または追加効果を得ることができます。

1ターンの間自身の奥義ダメージアップ(650%)奥義上限アップ(50%)異次元火力の奥義ダメージを生み出すびっくりアビリティ。しかし代償として自身の防御が50%ダウンし、敵対心も上がってしまうので、敵の特殊などで大きなダメージが来るタイミングでは考えて使いましょう。余裕がある状況なら鉄砲玉として割り切って使う選択もあり。

・2アビ 光属性防御ダウン(25%)存在崩壊を1消費すると追加で闇属性攻撃力ダウン(15%)属性デバフを攻防共にかけられる優秀なアビリティ。基本成功率が100%ある上に、自身のリミアビで成功率がさらに上げられるので命中率もばっちり。

・3アビ 敵の現HPに応じた無属性ダメージ(上限70万ほど)+強化効果を一つ無効化。無属性ダメージ付きのディスペル。敵のHPに左右される部分はありますが、1アビと同じく、初心者でもぽんと纏まったダメージを与えられます。ディスペルの便利さは言わずもがな。
存在崩壊を1つ消費することで、味方全体の与ダメージ上昇効果(最大5000)が追加されます。効果量は少ないものの、こちらも初心者には地味に嬉しい部分。

・奥義 存在崩壊を2回復

・サポアビ クラリスちゃん絶好調っ☆ 防御力が低い(-20%)が存在崩壊が付与されている場合攻撃アップ(別枠乗算20%)存在崩壊はバトル開始時3の状態(最大3)攻撃アップは個数で変動することがないので、サポアビ効果を受けたい場合は一つだけ残しておけばOK。基本的には1アビ使用と、2アビのデバフ目的で使うケースが多いです。火力の高さはクラリスの強みの一つなので、なるべく恩恵を受けられるようにしておきたいところ。

素の防御力の低さは自身のLBである程度フォローできますので、そこまで気になりませんが、1アビ使用時の大幅な弱体化だけ気を付けましょう。初心者には簡単に大ダメージが出せるキャラとして、中級者以上には杖パで素の火力が高い貴重なデバッファーとして使いやすいキャラです。

フェリ

パーティー全体の火力を大幅に上げられる強力なアビリティを持ったゴーストテイマー系ゴースト。普通に使用してもそこそこ強いですが、真価を発揮するのはAT中。短期での火力サポート性能は全キャラの中でも屈指の性能。

・1アビ 敵全体に光属性ダメージ(上限32万ほど)上限こそ低いですが、倍率はそこそこ。

・2アビ 1ターンの間味方全体の奥義ダメージアップ(60%)ダメージ上限アップ(15%)防御ダウン。古戦場やイベント周回などの奥義編成で大活躍なアビリティ。後述の3アビ効果終了後の締めにもぴったり。奥義ダメージ上限アップではなくダメージ上限アップなので、奥義だけでなくすべてのダメージの上限が上がるのもちょっぴり嬉しい部分。

・3アビ 4ターンの間味方全体のトリプルアタック確率アップ(100%)光属性追撃効果(30%)ショート効果。味方全体の奥義ゲージを100%消費。フェリと言えばこれ。全体の奥義ゲージが100%ないと使用できない性質上、基本的にはAT時の運用がベスト。ショート効果は奥義ゲージが溜まらなくなってしまう弱体効果なので、使用する際はクリアも一緒に持っていきましょう。(マウントでは防げません)AT中に3アビ→クリア→4ターン殴って5ターン目に2アビを使って奥義が一般的な流れ。レスラーのツープラトンで実質5ターン分恩恵を受けたり、3アビと共存できる追撃をさらに付与したり、ブレアサなどの攻撃大幅アップ系の効果と合わせたり…。さらに火力を上げる組み合わせも多数あり。今後の追加キャラや召喚効果などで、さらに相性の良い組み合わせが出てくればもっと化ける可能性も秘めています。

・奥義 ダメージのみ。

・サポアビ 調教してやる 発動率こそ5%程度と低いものの、3アビ効果中に発動してくれるとますますおいしい。

奥義編成やAT時の使用が多く、いつでも編成に入るようなキャラではないですが、初心者から上級者まで幅広く使っていける性能は魅力。自分もずっと使っています。ある程度キャラが揃ってきたら持っておきたいキャラの一人。AT中がっつりやるよって人はサプチケで取って損はないはず。

ロボミ

フェリが短期で圧倒的な火力の底上げができるサポーターなら、こちらは短期で圧倒的な火力を叩きだすアタッカー。エネルギーや残弾といった特殊なバフにより制約があるものの、100%TA+驚異的な効果量の追撃で短期的に大きなダメージを出せて、トップクラスの奥義ダメージをアビリティなしで打てるので、奥義編成でもかなり重要なキャラ。

・1アビ 敵に光属性ダメージ(上限40万ほど)累積防御ダウン(10%、最大20%)1ターンの間(1回)TA率アップ(100%)光属性追撃効果(80%)残弾を1消費、残弾がなくなると使用不可。詳細は後述しますが、残弾を消費して驚異的な効果を得られるアビリティ。TAアップと追撃効果は1回だけで、攻撃行動時になくなりますので、ツープラトンや再行動などで複数回恩恵を受けることはできませんが、自身のサポアビでダメージアビリティの連続使用ができますので、同ターンでもう一度効果を付与することは可能です。
そして残弾の関係上、一回のバトルで基本的には3回しか使用できません。
一応自身のリミアビに確率で消費しないというものがありますが、Lv3でも40%ほどで確実に計算に入れられるものではないです。追撃効果は固有枠なので、ほぼ全ての他の追撃と共存できる点も魅力。累積防御ダウンも地味に嬉しいですが、基本成功率が90%なので注意。

・2アビ 敵全体に光属性ダメージ(倍率10倍、上限116万ほど)エネルギーを2消費。※使用可能3ターン後。高い倍率と上限を併せ持ったダメージアビリティ。残弾と同じくエネルギーというものを消費しますが、こちらは回復アビリティや強化アビリティを受けることで増やせます。サポアビ効果でこちらも2連続で発動可能。倍率が高いので初心者でも大きなダメージを与えることができます。

・3アビ 5ターンの間自分の攻撃アップ(別枠乗算50%)ガード効果(発動率70%ほど、30%軽減)エネルギーを1消費。ロボミの核の一つとなるアビリティ。これと1アビで群を抜いた短期火力が出せます。ガード効果で耐久面も上昇し、5ターンという長い間効果が続くのも嬉しいポイント。

・奥義 エネルギーを3消費。エネルギーが3以上ある場合のみ発動可能。倍率12.5倍、上限216万ほど。エネルギーが無いと打てない代わりに、規格外の倍率と高い上限を持つため、奥義編成で大活躍。特にデバフがかかってない状態や、アビリティを使わなくても大ダメージを与えられるため、古戦場でポチ数を減らすのに多大な貢献をしてくれます。

・サポアビ1 リレーション・コンバーター 味方から回復や強化アビリティを受けるとエネルギーが2回復。エネルギーはバトル開始時5の状態(最大5)残弾はバトル開始時3の状態(回復不可)奥義編成を除けば、だいたい1、3アビを使って2ターン殴って奥義を打ってまた1アビを使って殴る。という流れで使用するケースが多いかと思いますが、この流れだと、エネルギーは3アビ使用で1減っていて奥義発動で3減ります。この後に2アビを使用したいのなら強化アビリティや回復アビリティを受けなければ使えないので注意。

・サポアビ2 高機動型ボディ 1ターンで同じダメージアビリティを連続2回まで使用可能。1アビをツープラトンで使用した後にもう一度使ったり、2アビ連発でダメージを稼いだり、便利。

1アビが切れるまでの短期火力はトップクラスの性能。奥義編成的にもかなり役立つので持っておきたいキャラではありますが、3アビがあるとはいえ、中~長期戦でも使えるかといえば微妙なところ。フェリと同じく、ある程度普段使いするキャラが固まってきたらサプチケ取得を考えてもいいでしょう。自分は持っていないのですが、個人的に今一番欲しいキャラです。

光ゾーイ(恒常)

光属性で高難度に挑むなら持っておきたい恒常キャラNo.1。敵対心アップと高い回避率で自身とパーティ全体の被弾を抑え、特殊なアビリティによる全体強化で攻防を大幅に上げつつ吸収までも兼ね備えた便利で強いキャラ。自分もアルバハHLや、最近追加された天上征伐戦のPROUD+など、いて良かったと思える場面が多々ありました。いると安定感が格段に違います。

・1アビ ターゲットに関わらず2回光属性ダメージ(上限10万×2回)3ターンの間必ず連続攻撃(DA率100%、TA率25%ほど)敵対心大幅アップ(67%ほど)後述の2アビと共に使うことで、相手の攻撃を引き受けつつ捌いていくことが可能。奥義でバリアを付与できるので、奥義ゲージを稼ぎやすくなる確定連撃も嬉しいポイント。

・2アビ 敵に光属性ダメージ(倍率4~5倍、上限63万ほど)3ターンの間回避率アップ(40%ほど)回避時追加効果 敵に光属性ダメージ(2アビのダメージと同じ倍率と上限)高めのダメージを与えつつ、回避率を大きく上げてくれるアビリティ。回避が重要になるゾーイの核の一つ。高難度では通常攻撃などの火力が出しにくいため、回避時の追加ダメージも重要なダメージソースになってくれます。

・3アビ 敵に光属性ダメージ(倍率10倍、上限160万ほど)5ターンの間光属性キャラ全体を特殊強化(攻防アップ100%、攻撃アップは攻刃枠に加算)HP吸収効果(上限1000)※使用可能5ターン後。ゾーイの目玉となる特殊アビリティ。使用可能が5ターン後、使用間隔が12ターンと使いづらいように見えますが、サポアビによってどちらも短縮可能。100%という破格の効果量は攻撃面での貢献も大きいですが、特筆すべきは防御面。5ターンという長い間かなり硬くなる上に吸収があることで、戦線の維持や立て直しがしやすくなり、多大な安定感を与えてくれます。めちゃくちゃ余談ですが3アビで付与される際のサイン・オブ・ゾーイってバフ名とバフアイコンすごく好き。

・奥義 2ターンの間自身にバリア効果(2000)回避率が高いといっても全く被弾しないというわけではないので、被弾した際のカバーとして嬉しい奥義効果。

・サポアビ1 調停の涙 味方から回復や強化アビリティを受けるとラストウィッシュの使用可能ターンと再使用間隔が1ターン短縮。このサポアビのおかげで3アビの規定ターンを短縮して使用することが可能に。3アビを使用するタイミングで他キャラの強化アビリティなどを使用する場合、先に3アビを打ってから他キャラの強化アビリティを使うようにしましょう。

・サポアビ2 星晶の鼓動 経過ターンに応じて自分のクリティカル確率と回避率がアップ。(10ターンで最大)最大時でクリティカル倍率30%、発動率50%ほど。回避は最大で10%ほど。ゾーイは長期戦となる高難度での運用が多く、火力と安定感が増していくのは嬉しい部分。

初心者や中級者には硬さを活かした耐久面と火力面のサポートで、少し難しいクエストに挑む時のお供に。アルバハHLを光属性で挑戦しようと考えている人や、天上征伐戦などの高難度クリアを目指している方には、攻略の土台となり得るキャラなので持っているとかなり楽になるはずです。初心者の方は他に取るキャラがいればサプチケで無理に取るほどではないですが、高難度クエストを光属性で挑戦しようと考えている方には、おすすめのサプチケ候補です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました