...            ...   

【終末のワルキューレ】一試合目ネタバレ紹介。神対人類の究極バトル!

アニメ&漫画

どうもざんげです。

今回は神話上に登場する神様対人類が壮絶に戦う超バトル漫画「週末のワルキューレ」を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

基本情報

原作:梅村真也

作画:アジチカ

出版社:コアミックス

掲載誌:月刊コミックゼノン

巻数:6巻(2020/5/30現在)

あらすじ

700万年続く人類の歴史が今幕を閉じようとしている。その原因は核戦争でも小惑星の衝突でも地球外生命たいの侵略でもない。人類は今、他ならぬ人類の創造主神の意思によって週末を迎えようとしているのだ。100年に一度、全世界の神々が一堂に会し介させる【人類滅亡会議】議題は至ってシンプル人類に次の100年の存続を許すか終末を与るか。

ゼウスを議長にシヴァ、アフロディテ、オーディンと様々な有名な神々が反対し人類は終末を迎える事となるが、ブリュンヒルデからある提案が出される。それは【神代表VS人類代表】の一対一の決闘。13VS13で行い先に7勝した方が勝利。という内容だった。

主な登場人物

ブリュンヒルデ

本作の主人公。11人いる戦乙女の長姉。ラグナロクでは人類側の監督の様なポジションにいます。見た目は清楚な感じですが、決闘中たまに見せる悪魔のような顔を見せる。

ゲル

見習いの戦乙女。ツッコミ、リアクション担当。

ゼウス

誰しもが知っている全知全能の神。見た目はヨボヨボのおじいちゃんですが、めちゃくちゃ強い。人類滅亡会議の議長を務める。

こんな人にオススメ!

・純粋なバトル物が好きな人!
・最強対最強が見たい!初戦からクライマックス!
・展開が早い!

第一試合:北欧の最強神・雷神トールVS中華最強の武人呂布奉先

ここからネタバレ注意です!

初戦からラスボス級の様な登場シーンで、お互いが対面します。

 

観客席には由来ある人物がおり、一試合目には「張飛」「劉備」「関羽」「陳宮」とそうそうたるメンツがいます。

最初はお互い何もせず、ただ沈黙が流れる中、呂布から動き出します。お互い互角の戦闘を繰り広げる中、かつて神々の国に進攻してきた巨人族を一撃で屠った技トールハンマーを呂布に放つが・・・

 

呂布無傷!さらにはなぜかトールに一太刀を浴びせるという、展開!

結果お互いが好敵手と認め、更に熾烈な戦いが繰り広げられます。

ここでなぜ神という絶対的な相手に対して、人間が太刀打ちできるのか説明が入ります。人間側にはブリュンヒルデが用意した特別な武器を装備しており、その特別な武器は11人いる姉妹が身を捧げて錬成されているため、圧倒的な神相手でも闘うことができます。

中盤呂布が優勢でしたが、トールが装備しているミョルニルが覚醒し、呂布を圧倒します。そして終盤戦・・・呂布の最終奥義「天喰」とトールの最終奥義「覚醒雷槌(ゲイルロズトールハンマー)」がぶつかります・・・・・・・・

 

 

 

結果・・・・・・・・・・

 

 

呂布の負けで1戦目は幕をとじます。

あとがき

2戦目、3戦目もそうですが、だいたい1回の対戦に1巻というペースで話が進んでいきテンポが早いです。また戦闘描写も臨場感があり、神の圧倒的強さや人類側の最強感も感じることができます。

実はラグナロクに登場するキャラクターは1巻目にして全て決まっており、誰が出場するか決まっております。(今後の展開で変更はあると思いますが)

次戦では既に1戦目にてクライマックス感が出ておりますが、更にやばいマッチアップになっており、読者の心を一気に引きつけます。

今後は2戦目のネタバレレビューも上げようと思いますので、この時点で気になった方は是非読んでみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました