...            ...   

【終末のワルキューレ】二試合目ネタバレ紹介。神対人類の究極バトル!

アニメ&漫画

どうもざんげです。

今回はラグナロク第二試合ついてネタバレ紹介したいと思います。二試合目は2巻から3巻までの内容となっています。

スポンサーリンク

基本情報

原作:梅村真也

作画:アジチカ

出版社:コアミックス

掲載誌:月刊コミックゼノン

巻数:6巻(2020/5/30現在)

あらすじ

700万年続く人類の歴史が今幕を閉じようとしている。その原因は核戦争でも小惑星の衝突でも地球外生命たいの侵略でもない。人類は今、他ならぬ人類の創造主神の意思によって週末を迎えようとしているのだ。100年に一度、全世界の神々が一堂に会し介させる【人類滅亡会議】議題は至ってシンプル人類に次の100年の存続を許すか終末を与るか。

ゼウスを議長にシヴァ、アフロディテ、オーディンと様々な有名な神々が反対し人類は終末を迎える事となるが、ブリュンヒルデからある提案が出される。それは【神代表VS人類代表】の一対一の決闘。13VS13で行い先に7勝した方が勝利。という内容だった。

主な登場人物

ブリュンヒルデ

本作の主人公。11人いる戦乙女の長姉。ラグナロクでは人類側の監督の様なポジションにいます。見た目は清楚な感じですが、決闘中たまに見せる悪魔のような顔を見せる。

ゲル

見習いの戦乙女。ツッコミ、リアクション担当。

ゼウス

誰しもが知っている全知全能の神。見た目はヨボヨボのおじいちゃんですが、めちゃくちゃ強い。人類滅亡会議の議長を務める。

こんな人にオススメ!

・純粋なバトル物が好きな人!
・最強対最強が見たい!初戦からクライマックス!
・展開が早い!

第二試合:破壊神・シヴァ?VS人類の始祖・アダム

ここからネタバレ注意です!

今回は二試合目のネタバレとなります。一試合目を知りたい方は以下リンク先からどうぞ!

まさかのここで人類の始祖アダムが登場です。

対する神サイドはインド神話最強と言っても過言ではない破壊神シヴァ!!・・・・ではなく

全知全能の神ゼウス!!です

本来はシヴァでしたが、ゼウスが無理やり出場します。(一応シヴァの承諾を得ておりますが・・・)

 

流石の神サイドもアダム相手には油断はできないと言うことでしょうか。実際はゼウスよりもシヴァの方が強い気はしますが・・・まぁゼウスは神代表というイメージが強いので間違いなくビックマッチでしょう。

普段のゼウスはヨボヨボのおじいちゃんですが、戦闘モードになると戸愚呂100%バリの体つきになります。

対するアダムですが、戦乙女七女レキンレイヴと神器編成します。やはり人類の始祖。武器は己の身体ということで、メリケンサックへと変化します。

 

そしてお互いの準備ができたらいよいよ闘開始です!

先に動くのはゼウス。0.01秒の速さで打つ亜高速ジャブ!軽々とアダムは躱します。
しかしそれは小手調べゼウスのジャブはどんどん速くなり「黄昏流星群(メテオジャブ)」を放ちます。

それも軽々と躱すアダム。そして受けた技をそのまま返すアダムの技「神虚視」によりゼウスをボコボコにします。それでもゼウスは父から受けた一撃「時を超える拳」を放ちますが、それもアダムの見切られ見事なクロスカウンターを受けます。

  

ダウンしてしまったゼウスでしたが、流石は神代表。最終形態「阿陀磨須(アダマス)」となり、本気を出します。

ここからはお互いノーガードの激しい肉弾戦が繰り広げられます。

しかし・・・ここでアダムが神虚視による過負荷(オーバーヒート)より隙ができてしまい、それを見逃さないゼウスのラッシュにより圧倒的フリな状態となります。

だがそれでも食らいつくアダム。果たして結果は・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

最後にゼウスをダウンさせ、最後はアダムだげが立っていますが、立ったままアダムは死んでおりゼウスの勝利で幕を閉じます。

あとがき

第二戦でまさかのアダム対ゼウスというビックマッチとなりました。お互い始祖という肩書きで戦闘スタイルもシンプルに肉弾戦とかなり見応えありましたが、いきなりこんなビックマッチで次の退園大丈夫?と心配になりました。

次戦はネームではゼウスやアダムには劣りますが、かなり意外な偉人が人類代表側として登場します。気になる方は是非購入して読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました